FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

★スポーツ&航空ビジネス専門学校★にぎやかブログ 『i-スポット』

明るく元気にイキイキと!!S&ABCのスクールライフをお届け♪(*^_^*)

卒業生CAキャリアアップ 

こんにちは~(●^o^●)
今週もスタートしました。2月もあと2週間しかないんですねぇ~…
学校ではインフルエンザが流行りだしました。
みなさん、体調管理には十分に気を付けて下さいね!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/



今日の西日本新聞のコラムをご紹介♡
今では色んな言い方があるんだなぁ~と、感心しちゃいました(笑)

いまどきの若者の性質や傾向を表すのに「草食系」「肉食系」といった言葉を耳にする

▼草食系男子は「恋愛にがつがつしない、草食動物のような優しい男性」という印象だ。その対極にあるのが行動的な肉食系女子だろう。最近は恋愛にまったく興味がない「絶食系男子」も増殖中だとか

▼台湾にも、若者の特徴を示す言葉があると、現地の学生に教わった。外見はいいが、仕事の圧力やストレスに弱く、上司にしかられるとすぐに会社を辞めてしまう。そんな若者を「草莓族」と呼ぶそうだ。草莓はイチゴのこと。きれいだけどちょっと押すとすぐにつぶれるイチゴみたいだからだという

▼草莓族は、1980年代に生まれた世代を指すことが多いようだが、もっと若く、よりひ弱に見える世代には「水蜜桃族」の名が。イチゴ以上に傷みやすいモモに例えられた

▼もう少し紹介しよう。気位が高くわがままで、金持ちと交際したがる女性は「公主病」と陰口される。公主はお姫様の意味で、男性なら「王子病」となる。忙しく働いても、薄給で生活が苦しい人は「窮忙族」。大人になっても経済的に親に依存する人は「〓(〓は左が「口、右が「肯」)老族」。窮は「かじる」。文字通りの「すねかじり」だ

▼こうして並べると、まるで日本の話のように思える。台湾でも少子高齢化が進み、一人っ子は宝物のように大切に育てられているという。若者を取り巻く環境は、相通じるものがありそうだ。




台湾といえばばばばんっ!!!
みなさん、ご存知でしょうか?台湾に本社があるエバー航空という航空会社を!!!!
ハローキティちゃんが機体に描かれている会社で~す。

エバー航空

現在もCAとしてフライトしている卒業生が以前「国際線も経験したいんですよ」と話していたんです。
すると、今日『エバー航空に内定したんです!!!!』と嬉しい電話がッッ!!!!!!!!

3年弱国内線のCAをしっかり務め、キャリアアップした彼女。
常に勉強、常に成長の姿勢が本当に素晴らしいなと
ホンダも気持ち新たに身が引き締まりました。

本当におめでとうっっ!!!!!!!!
3か月間本社のある台湾での研修があるそうです。
関空ベースになるとのこと☆

みなさん、台湾への旅行は、是非エバー航空を♡♡♡♡♡

Posted on 2013/02/18 Mon. 17:16 [edit]

category: 卒業生活躍

TB: 0    CM: 0

18

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://sportsandairline.blog.fc2.com/tb.php/67-282d7f72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list